PS5の熱対策はどうすべき?専用グッズや設置場所などの対処法

ps5 熱対策ゲーム全般

この記事では、PS5の熱対策について書いています。

高性能で処理能力が高くグラフィックも綺麗。

PS5はハイパフォーマンスの素晴らしいゲーム機!

しかし、高性能ということもあり本体が熱を持ってしまう事が多々あります。

熱暴走でPS5が起動しなくなったり、最悪のケースだと故障してしまいます。

ゲームプレイ中のPS5をサーマルカメラで検査した結果、49.9度前後まで温度が上昇したケースもありました…。
参考:CNET Japan

しっかりとPS5の熱対策は行うべきです!

今回は、「PS5の熱対策」をテーマに「PS5の設置場所」などもご紹介します。

PS5の熱対策は3つ

ps5 熱対策

それでは早速、PS5の熱対策をご紹介します。

今回ご紹介するのは誰でも簡単にできる3つの方法!

  • ホコリなどを取り除く
  • 熱対策グッズを使う
  • PS5を物理的に冷やす

ホコリなどを取り除く

まず最初にご紹介するのは、「ホコリなどを取り除く」という方法。

アナタはPS5を購入してからカバーが空けて掃除をした事がありますか?

PS5の内部やファンには、無数のゴミホコリが溜まっています。

ホコリが溜まっていると排熱性能も下がってしまうので、定期的に掃除するようにしましょう!

PS5にはダストキャッチャーと呼ばれるゴミを溜めている部分があるので、そこを掃除機で吸ってあげるだけでも違います。

熱対策グッズを使う

掃除をしっかりした後は、PS5に取り付けるタイプの熱対策グッズを使いましょう!

縦置き冷却スタンド」や「クーリングファン」などがあります。

1,000円~2,000円で購入できるモノばかりなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

PS5を物理的に冷やす

最後にご紹介するのは「物理的に冷やす」という方法。

要はPS5に冷風を直接あてるというわけです!

部屋の中の温度をエアコンなどで下げた後に、サーキュレーターなどで風を送ってあげます!

原始的な方法ですが、「熱対策として効果があった」という声はSNSを中心にかなり多いです。

PS5の熱対策として縦置きにすべき?

続いてご紹介するのは、PS5の置き方についてです。

よく聞かれるのが、「縦置きと横置きだと冷却性能は違う?」という質問。

結論からいうと、冷却性能に違いはありません!

縦置きだろうと横置きだろうと一緒です。

アナタの部屋で配置しやすい方の置き方をすればOKですよ。

個人的には縦置きは転倒リスクがあるので、横置き派ですね!

PS5の熱対策は設置場所も大切

ps5 熱対策 設置 場所

最後に、PS5の熱対策で大切な設置場所についてもご紹介します、

熱暴走する理由はアナタがPS5を置いている場所が原因の可能性もありますよ!

正しい設置場所を理解しておきましょう!

風通しの良い場所に置く

まず1つ目は、「風通しの良い場所に置く」という点。

アナタはどんなところにPS5を置いていますか?

壁に近づけていたり、周りがモノだらけではないですか?

基本的に、PS5を密閉性の高い狭い場所に置くのはNGです!

密閉性が高いと、排出された熱が籠ってしまい熱暴走の可能性が高くなります!

PS5の周りに適度なスペースを作ってあげる事で「風の通り道」を作ってあげることが大切です♪

これはPS5公式サイトでも注意喚起されている内容です♪

特に夏場はエアコンを使っていても部屋が暑くなる時期なので注意しましょう!

PS5周辺の温度を下げる

2つ目は、PS5周辺の温度を下げるという事!

いくら対策をしても部屋自体が高温なら意味がありません。

エアコンをつけて部屋の温度を調節しましょう!

ただ、エアコンは電気代も高いので使用を控えているという方もいますよね?

そんな時は、PS5周辺の空気だけでも温度を下げてあげるべきです!

サーキュレーターや扇風機を使ってPS5に冷風を直接送ってあげましょう。

まとめ

PS5の熱対策は必ずするべきです!

PS5はハイパフォーマンスが故に、熱がこもりやすいです。

起動しない」「プレイ中に落とされる」だけなら良いですが、「PS5が熱暴走で故障」なんてことになったら買い替えないといけません。

数万円の出費になる前に、今回ご紹介した対策を行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました