エイムリングいらない?使って分かったダメなポイントまとめ

エイム リング いらないゲーム全般

この記事では、エイムリングいらないについて書いています。

エイムリングとは、PS4・PS5・Switch Proコンなど、PADのアナログスティックに装着してエイム(照準合わせ)の精度を向上させるアイテム。

材質はウレタン・天然ゴム・スポンジなどの素材があり、リング状の商品をアナログスティックにはめ込んで使用します。

FPSなどスティック動作の精度が求められるゲームにおすすめで、エイムリングによりエイムが向上すると言われています。

しかし個人的な意見としては、 ”エイムリングはいらない” と言わせていただきます。

私自身、FPSをプレイする際にエイムリングを使用してみてわかったメリット・デメリットがあります。

私が ”なぜエイムリングはいらない” と思うのか、”エイムリングがいる人とはどのような人なのか” を説明していきます。

エイムリングの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

エイムリングいらない?

エイム リング いらない

それでは早速、エイムリングはいらないのかについて紹介していきます。

私がFPSをプレイする際にエイムリングを使用してみた結論としては、「人によって合う・合わないがある」です。

実際、エイムリングを使ってエイムが格段に向上したケースは多く聞きます。

しかし、エイムを向上させたい人が皆エイムリングを買えば解決するとは限りません。

私も後者の内のひとりです。

普段FPSをプレイしていて、近距離戦での1vs1の勝率はおよそ5~6割程度でした。

しかし、エイムリング装着後はスティックの重さによって機敏な動作や視点移動に苦戦してしまい、被弾率やエイムがむしろ悪くなりました。

その結果、1vs1の勝率が3~4割ほどに低下しました。

ここから、私が実際にエイムリングを使ってみて、微妙だった点/良かった点について細かく説明していきます。

エイムリングを使って微妙だったポイント

私がエイムリングを使ってみて、「微妙だな・・・」と感じたポイントが2つあります。

1つ目:スティックの不具合に繋がる可能性がある

私が安価なエイムリングを購入したのが原因ですが、装着したエイムリングから塵が出ることがありました。

SNSで調べたところ、スティック操作によってエイムリングが削れ、その破片や塵がコントローラー内に入り込んでしまうケースが多く報告されていました。

エイムリングの中でも、極端に安価なもの素材の耐久性が低そうなものレビューが悪いものは注意してください。

また、使ってみて違和感を感じた際は放っておかずにすぐに使用をやめることをおすすめします。

特にPS5のコントローラーで使用を考えている方は気を付けてください!

そもそも壊れやすいコントローラーです…。

2つ目:スティックが固くなる

エイムリングとは緩衝材の役割を果たし、スティックの倒し過ぎを防ぐことによりエイムを安定させるため、当然スティックは固くなります。

そのため、エイムリングをつけると感度を上げて調整しないといけません。

私が実際にエイムリングを使用してみて違和感を覚えたのは、振り向く時のスティック操作です。

感度を相当上げない限り、機敏な振り向きや視点移動が難しく、スティックの固さに慣れることができませんでした。

エイムリングの素材・硬さ・ゲーム内の感度設定によって調整可能ですが、その作業も面倒に感じ、結局エイムリングを手放してしまいました。

エイムリングを使って良かったポイント

エイムリング いらない

ではここからは、私がエイムリングを使用してみて「あ、これは使えるな!」と思った点について紹介していきます。

エイムが安定する

エイムリングを装着してみたところ、装着前と比べてリコイル制御が簡単に感じられました。

特に、遠くで走っている敵に照準を合わせる際にその恩恵を感じました。

しかし、エイムリングによって機敏な振り向きや視点移動などができなくなり、とっさの敵との撃ち合い場面では不要だなと感じました・・・。

FPSを始めたばかりの人や、ある程度プレイしていても「エイムがガバガバで全然楽しく無い!」という人はエイムリングを試す価値は十分あります

スティックの粉対策になる

これは前述した1つ目のデメリットと相反するようですが、エイムリングはスティックの摩耗によって出る粉の対策にもなります。

どういうことかと言うと、スティック操作による摩耗でコントローラーのスティックから白い粉が出てくることがあります。

特にSwitchのプロコンでよく聞く不具合です。

白い粉はスティック横からコントローラー内に侵入し故障に繋がることもあるため大変厄介です。

エイムリング装着によって、スティックが最大限倒せなくなり摩耗を緩和したり、単純にカバーとなってコントローラー内への侵入を防ぐことができます。

もちろん、エイムリング自体が崩壊してコントローラーの故障に繋がる可能性もあるため、安過ぎるもの・レビューがないものは選ばないようにしましょう。

エイムリングおすすめ2選

このようにエイムリングの選択に失敗した私が、これから購入を検討する方におすすめしたいアイテムは2つあります。

GAIMX エイムリング サンプルセット

一つ目は人気メーカーGAIMXから出ている、「GAIMX エイムリング サンプルセット

硬さの異なるリングが1個ずつ計6種類入っています。

ヨーロッパのプロゲーマーも使用しているとあって、信頼性が高いアイテムです!

弾力・耐久性に優れた天然ゴムを素材としているのも魅力です。

6種類もの硬さを試すことができるため、初めてエイムリングを購入する方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

鬼エイム 灰鬼

鬼エイム」は国産メーカーの鬼エイムから発売されている、ソフト・ハード・スプリングが2個ずつ計3種類入っているモデルです。

メーカー内でも比較的柔らかめのモデルで、合成ゴムとウレタン2つの素材がベースになっており、操作性と耐久性を兼ね備えたバランス型のアイテムです。

3種類の硬さが2個ずつ入っているため、お気に入りのものを見つけて長く使用することができますよ!

まとめ

個人的に試してみた結論として、エイムリングを使用することでエイムが良くなることは間違いありません。

しかし、エイムリングには「合う人/合わない人」が存在します。

一概に、エイムリングの使用によりゲーム中のエイムやプレイの質が向上するとは言えません。

ただし、感度を調整し練習することによって、エイムリングを使いこなしてFPSで強くなることは可能だと思います。

また、FPSを始めたばかりの初心者の方でエイムが全然合わないという人にもおすすめです。

エイムリングはメーカーによって素材・硬さにかなり違いがあるため、自身の好みに合ったモデルをチョイスすることが重要です。

初めてエイムリングを購入される方は、硬さの異なるリングが複数入っているタイプを選ぶと失敗しにくいと思います♪

この記事がエイムリングの購入を検討する際の参考になると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました